専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

電話でお問い合わせ本校へのアクセス

校長挨拶・沿革テスト


校長挨拶

口は、「噛む」「飲み込む」「息をする」という生命を維持するためだけでなく、「話す」「味わう」といった、人間が健やかで心豊かに社会生活を営むために、欠かせない要素の一つです。

歯科衛生士は、歯科医師や医師、看護師、言語聴覚士など他職種と連携して、患者さんやその家族、地域住民が歯や口の中の健康を保ち、毎日イキイキ元気で過ごせるように援助する「口腔ケア」のプロフェッショナルであります。
また、歯科衛生士は、医療従事者として病気や障害を持つ人々の心の痛みを感じる「感性」と「気力」と「思いやり」も大切な要素です。

本校では、このような視野の広い歯科衛生士の育成を目指すための、充実したカリキュラムを取り入れています。

さらに、本校には独自の特待生制度も設けておりますとともに、長崎県歯科医師会との連携により優秀な講師陣を組織することで国家試験合格率、就職率ともに100%を実現しています。

歯科衛生士のパワーを発揮できる場所が年々増加することが予想され、その活躍と成果が期待されています。
充実した環境を誇る本校で歯科衛生士を目指してみませんか。長崎県歯科医師会会員と共にお待ちしております。

長崎歯科衛生士専門学校は「長崎県歯科医師会立」だから安心

長崎歯科衛生士専門学校は、長崎県歯科医師会によって設立された専門学校です。
高校卒業後、大学や他の専門学校進学後の社会人入学者も多数卒業しており、国家資格に対する期待が感じられます。
修業年限3年を経て、卒業後は専門士の称号とともに歯科衛生士国家試験の受験資格が得られます。
本校は国家試験合格率、就職率ともに100%を誇っています。(平成28年度実績)

沿革

■昭和45年4月  長崎歯科衛生士学院創立(一年制)
■昭和59年4月  長崎歯科衛生士専門学校(二年制)
■平成15年4月  多様化する歯科保健医療のニーズに対応するために三年制導入

ページトップへ