歯科衛生士養成校 / 長崎市浦上駅より徒歩1分 文部科学省 職業実践専門課程認定校 専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

お問合せは
電話番号095-848-5002
受付時間 / 平日 9:00~17:00

専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

歯科衛生士dental hygienist


お口のスペシャリスト Dental Hygienist(歯科衛生士)とは

歯科衛生士は国家資格の専門職です。
歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療の補助が三大業務といわれ、具体的には、歯磨き指導やむし歯・歯周病の予防、歯科医師の補助などを行います。
また、これらの業務に加え、高齢者や介護が必要な方に対して行う訪問口腔ケアや食べものをかんだり飲み込んだりする機能訓練も、新たな分野として注目されるようになりました。
結婚や出産を経た後も続けることができ、経験を積んでキャリアアップも夢ではありません。
「自分の歯でおいしく食べ、楽しくおしゃべりする」ことが生き生きと長く健康に暮らすための大切な基本だと考えられる今、歯科衛生士の役割に対しても関心が高まっています。

歯科衛生士の3つの役割

むし歯や歯周病の予防

  • ◇むし歯予防のお薬を塗ったり、むし歯になりやすい歯の溝を専用の薬でふさいだりしてむし歯を予防する「う蝕予防処置」
  • ◇むし歯や歯周病の原因物を専門的器械で取り除く「予防的歯石除去」を行います。

歯と口の保健と衛生指導

  • ◇お口の中の清掃法を詳しくアドバイスしたり、体の健康管理の中心となる食事指導などを行います。患者さんひとりひとりに合った生活習慣を導き出す重要な役割です。

歯科診療補助

  • ◇診療がスムーズに行われるよう、また、患者さんの不安や緊張を軽減できるよう配慮しながら、歯科医師と協同して「歯科診療補助」を行います。

卒業後の進路

歯科クリニックの歯科衛生士
一般歯科/口腔外科/小児歯科/矯正歯科 など
病院の歯科衛生士
口腔外科 など
行政機関の歯科衛生士
保健所/保健センター など
歯科関連企業の歯科衛生士
企業の歯科診療室の歯科衛生士

取得目標資格

国家資格歯科衛生士(厚生労働省)
※卒業と同時に受験資格を取得

歯科衛生士誕生の歴史

歯科衛生士のはじまりは今から100年以上前、大正2(1913)年までさかのぼります。
アメリカで養成が始まり、2年後にはコネティカット州で歯科衛生士法が制定されました。
日本国内で養成が始まったのは、第二次世界大戦後のことです。
戦後、日本に進駐したGHQの指示をきっかけに昭和23(1948)年に歯科衛生士法が制定され、歯科衛生士が誕生しました。
当時、歯科衛生士の国家資格は、女性だけに許されたものだったそうです。

オープンキャンパス
資料請求
pagetop