専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

電話でお問い合わせ本校へのアクセス

校長挨拶・沿革


校長挨拶

歯と口は、「噛む」「飲み込む」「会話する」「笑顔を作る」など、人が健康で心豊かに生活するためにとても大事な働きをしています。

歯科衛生士は、医療や福祉に携わるいろいろな職種の方々と連携しながら、住民の皆様の歯や口の健康を守る国家資格のプロフェッショナルであり、健康寿命の延伸のためにもその活躍がますます期待されています。

そのため、歯科衛生士には、医療従事者として専門性の高い知識や技術の修得はもちろん、病気や障害を持つ人々の心の痛みを感じる「感性」と「思いやり」も必要です。

本校では、このような豊かな人間性を持った歯科衛生士の育成を目指すための、充実したカリキュラムを取り入れています。

また、長崎県歯科医師会との連携により優秀な講師陣を組織することで国家試験合格率、就職率ともに100%を実現しています。

さらに、より一層の学業成果と意欲の向上を図る目的で、独自の特待生制度を設けております。

充実した環境を誇る本校で歯科衛生士を目指してみませんか。

長崎県歯科医師会会員とともにお待ちしております。

 

長崎歯科衛生士専門学校は「長崎県歯科医師会立」だから安心

長崎歯科衛生士専門学校は、一般社団法人 長崎県歯科医師会によって設立された専門学校です。

高校卒業後、修業年限3年を経て、卒業後は専門士の称号とともに歯科衛生士国家試験の受験資格が得られます。最近では、大学や他の専門学校進学後の社会人入学者も多数卒業しており、国家資格に対する期待が感じられます。

本校は国家試験合格率、就職率ともに100%を誇っています。(平成28年度実績)

 

沿革

■昭和45年4月  長崎歯科衛生士学院創立(一年制)
■昭和59年4月  長崎歯科衛生士専門学校(二年制)
■平成15年4月  多様化する歯科保健医療のニーズに対応するために三年制導入

ページトップへ