専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

電話でお問い合わせ本校へのアクセス

本校独自の特待生制度

目的

  • 学業・人物共に優秀な者に対して、授業料を免除し、より一層の学業成果と意欲の向上を図ることを目的とします。(前期・後期に分けて対象者を選考)
  • 学生のみなさんの頑張りをさらにサポートするため、特待生認定数各学年3名7名に増員しました(H27後期~)

特待生の声

  • 1学年 本多 涼菜(出身校:口加高等学校)私は、指定校推薦で入学し、充実した学校生活を過ごしています。初めの頃は、高校との授業の違いや親元を離れての生活に戸惑うこともありましたが、学校行事が多く、先輩や先生と関わることで自然と学校が楽しい場所となりました。前期試験は、暗記科目が多くあり不安が大きかったため、1ヵ月前から色々な場所、形で試験勉強に取り組みました。特に私が頑張ったのは、まとめる作業です。1日に3時間以上を費やし、授業プリントをまとめることで頭にしっかり残すことができました。そのおかげで今回特待生に選んでいただくことができ、頑張って良かったと思いました。これから模範生徒として、実技にもしっかり取り組んでいきたいと思います。
  • 2学年 池田 真理子(出身校:長崎女子商業高等学校)私は入学前に歯科助手として歯科医院に勤務していました。進学を考えたのは、歯科衛生士として責任のある仕事をしていきたいと志したからです。1年生の前期・後期とも自分なりに頑張ってはいましたが、特待生にはなることができませんでした。しかし、2年生になり臨床科目が増え、学ぶ内容がより実践的に感じられ楽しくもなりました。そして、これまでの頑張りがあったからこそ今回、特待生に選んでいただけたのだと思っています。社会人から学生になると大変な面もありますが、クラスメイトや先生方、自分を支えてくれる人たちに感謝でき頑張ることができます。継続は力なりという気持ちを忘れず今後も頑張っていきたいと思っています。

主な奨学金制度

長崎県育英会奨学金
県内に保護者等が在住する優れた学生及び生徒で経済的な理由のため 修学困難な者に、県や社会の健全な発展に尽くし得る人材を育成することを 目的として長崎県育英会から貸与される制度があります。

長崎県育英会ホームページ「大学等育英事業

日本学生支援機構奨学金
人柄・学業ともに優れ、経済的な理由で修学困難な学生に対し、 日本学生支援機構から貸与される制度があります。

日本学生支援機構ホームページ「奨学金のページ

日本政策金融公庫教育ローン
公的機関である日本政策金融公庫が、教育資金を必要とする方向けに融資をしています。

日本政策金融公庫ホームページ「国の教育ローン

ページトップへ