専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

電話でお問い合わせ本校へのアクセス

本校独自の特待生制度

目的

  • 学業・人物共に優秀な者に対して、授業料を免除し、より一層の学業成果と意欲の向上を図ることを目的とします。(前期・後期に分けて対象者を選考)
  • 学生のみなさんの頑張りをさらにサポートするため、特待生認定数各学年3名7名に増員しました(H27後期~)

特待生の声

  • 2学年 並内 祐希(出身校:長崎商業高等学校)私は指定校推薦で入学し、充実した学校生活を過ごしています。初めの頃は専門的な授業内容や校内実習など戸惑うこともありましたが、先輩方や先生方のサポートもあり楽しく過ごしています。
     専門的な授業はただ覚えるだけでは身に付かないので理解して覚えることに力を入れました。毎日の授業に集中し、ポイントとなる所はその日のうちにまとめることを継続しました。また、テストの1ヶ月前から日々の授業でまとめた箇所を復習し、自分の中で理解してからテストに臨みました。
     そのおかげで今回特待生に選んでいただきとても嬉しいです。これからも模範生として手技も磨いていきたいと思います。
  • 3学年 森 加菜美(出身校:長崎商業高等学校)私はこの学校に指定校推薦で入学しました。入学を決めたのは、怖くて不安だった私に優しく声をかけてくれた歯科衛生士の方の存在でした。入学してからは聞いたことのない言葉がたくさんあり、とても大変でした。
    そのため定期試験が近づくにつれて、テスト勉強に励んできました。現在は、昨年の11月から始まった臨床実習期間中で、自分の知識や技術不足を感じています。治療の流れや器具など、覚えることがたくさんあるのでしっかり身につけていきたいです。
     また、まわりの友人や後輩、家族の支えがあることに感謝したいです。臨床実習では、厳しく指導されることもありますが、少しずつ成長できるよう頑張っていきたいと思います。

主な奨学金制度

長崎県育英会奨学金
県内に保護者等が在住する優れた学生及び生徒で経済的な理由のため 修学困難な者に、県や社会の健全な発展に尽くし得る人材を育成することを 目的として長崎県育英会から貸与される制度があります。

長崎県育英会ホームページ「大学等育英事業

日本学生支援機構奨学金
人柄・学業ともに優れ、経済的な理由で修学困難な学生に対し、 日本学生支援機構から貸与される制度があります。

日本学生支援機構ホームページ「奨学金のページ

日本政策金融公庫教育ローン
公的機関である日本政策金融公庫が、教育資金を必要とする方向けに融資をしています。

日本政策金融公庫ホームページ「国の教育ローン

ページトップへ