歯科衛生士養成校 / 長崎市浦上駅より徒歩1分 文部科学省 職業実践専門課程認定校 専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

お問合せは
電話番号095-848-5002
受付時間 / 平日 9:00~17:00

専修学校 長崎歯科衛生士専門学校

校長挨拶・沿革greeting・history


校長挨拶

歯科衛生士は時代が求める職業です。

校長先生
長崎県歯科医師会 会長
長崎歯科衛生士専門学校 校長
宮口 嚴

本校は、一般社団法人 長崎県歯科医師会により、長崎県初の歯科衛生士養成学校として、昭和45年に設立されました。 以来、充実した設備や優秀な講師陣のもと、長年にわたり国家試験合格率、就職率ともに100%の実績を誇り、数多くのプロフェッショナルを輩出。
社会のニーズに即したカリキュラムを通じて、専門性の高い知識と技術、卒業生も学び続ける高い志をもった歯科衛生士を育成してまいりました。

世界でも類を見ないほど高齢化が進む日本。
「食べる」「話す」「笑う」という、日常生活の基本的な機能を最後まで全うすることが人生の目標といわれ、 糖尿病や認知症など全身の健康と、口腔の健康との関連性も知られています。
時代を反映するように、歯科衛生士に求められる役目や成果にも変化が現れてきました。
歯科診療所のみでなく、大学病院や保健所、高齢者施設など、年々活躍の場が広がっています。
また東日本大震災以降は被災地における口腔ケアの重要性にも着目され、歯科医師とともに避難所等を巡回し、 被災者の皆さんの健康を守る役目も果たしています。このように予防処置、食育支援、摂食・嚥下機能訓練など、医療従事者の一員として 幅広く力を尽くすことで、地域社会全体の健康にたずさわることができる時代なのです。

歯科衛生士は国家資格であり、ライフステージに合った働き方の選択が可能な職業です。本校の卒業生の中には結婚・出産を経て、第一線で活躍している方々が数多くいらっしゃいます。
また人の数だけ可能性は無限大で、最近は高校や大学を卒業後すぐに入学する方以外に、一度は社会人を経験し、資格を取るためふたたび学び直す道を選ぶ方も増えてきました。

本校では、さまざまなサポート体制を整え、1人ひとりの夢の実現に向けた取り組みを実践しています。
経済面のサポートと、学習意欲の向上を目的とした独自の特待生制度もその1つです。そして何より、歯科衛生士になって良かったと思える、やりがいや充実感につながる豊かな「学び」の場を提供することが、私たちに与えられた大切な役目だと考えます。

相手を思いやる心と優しさが育まれ、人の役に立てる素晴らしい職業、歯科衛生士。時代が求める人生を目指して、私たちと一緒に学びましょう。

 

沿革

昭和44年4月
設立準備特別委員会設置
昭和44年6月
設立常任委員会設置
昭和45年4月
学院運営委員会設置
長崎歯科衛生士学院創立(一年制)
第1回入学式
講義開始
昭和45年6月
長崎歯科衛生士学院・校舎落成(旧長崎県歯科医師会館3階)
新築落成校舎へ移転
昭和45年10月
第1回戴帽式
第1回修学旅行(南九州)
昭和46年3月
県内発の歯科衛生士国家試験実施
第1回学院卒業式(卒業生32名)
昭和50年1月
初の推薦入学試験実施
昭和55年3月
小学校ブラッシング指導実施
昭和55年7月
歯科衛生士卒後学術研修会実施
昭和55年10月
障害者施設ブラッシング指導実施(~平成23年)
昭和59年3月
現在地に長崎歯科衛生士専門学校・校舎落成
第14回学院卒業式~学院最後の卒業式~(卒業生36名)
昭和59年4月
長崎歯科衛生士専門学校創立(2年制)
第1回入学式
昭和63年2月
校歌制定
平成7年1月
卒業生に文部大臣より「専門士」称号付与
平成7年10月
老人保健施設訪問実習実施
平成8年7月
保健所実習実施
平成15年4月
長崎歯科衛生士専門学校3年生移行
(全国で5番目、九州で初)
平成17年5月
口腔保険センター実習実施
平成17年11月
幼稚園ブラッシング指導実施(~平成23年)
平成19年5月
特別支援学校ブラッシング指導実施
平成25年6月
中学校ブラッシング指導実施
平成29年3月
学校評価委員会、教育課程編成委員会設置
平成29年12月
保育園ブラッシング指導実施
平成30年2月
文部科学大臣認定 職業実践専門課程認定
令和元年9月
高等教育の修学支援制度の対象校となる。
オープンキャンパス
資料請求
pagetop